英語とは
英語圏の国
TOEICとは
TOEFLとは
旅行業英語検定
通検とV通検
英文会計検定とは
ほんやく検定とは
国連英検とは
英語を生かせる職業

色々ある英語の検定

最終更新日:2014/9/11

TOEIC(トーイック)とは
TOEIC(トーイック)とはTest of English for International Communicationの略称で英語による
コミュニケーション能力をを幅広く評価する世界共通のテストです。


TOEIC必須の時代
客観的に英語能力を把握できるということで、多くの企業が採用や昇進時にTOEICのスコアを
考慮し始めています。また多くの大学で入試や単位認定などにTOEICのスコアを利用する
ところが増加。就職や単位取得のために大学生の80%以上がTOEIC受験を希望している。
また、大学入試のために高校生の受験も増えてきています。
幅広くTOEICが重視され毎年受験を受ける人が増加しています。



TOEICテストの特長
グローバルスタンダード
TOEICテストは、世界約60ヶ国で実施されています。その国独自の文化的背景や言いまわしを
知らなければ解答できないような問題は出されませんので、「世界共通の基準」として
活用することができます。留学などに必要なケースもあります。



スコアで評価
TOEICテストは、合否ではなく10点から990点までのスコアで評価されます。このスコアは、
常に評価基準を一定に保つために統計処理が行われていて、能力に変化がない限り
スコアも一定に保たれている点が大きな特長です。
これによってTOEICテストで現在の英語能力を正確に把握したり、目標とするスコアの
設定が可能になります。


コミュニケーション能力を評価
TOEICテストは和文英訳、英文和訳などの技術ではなく、身近な内容からビジネスまで
幅広くどれだけ英語でコミュニケーションできるかということを測る。
ListeningとReadingという受動的な能力を客観的に測定することにより、Speakingと
Writingという能動的な能力までも含めた英語によるコミュニケーション能力を総合的に
評価できるように設定されています。






テスト構成(リスニング・45分間・100問)
part1 写真描写問題 10問
1枚の写真について4つの短い説明文が1度だけ放送される。説明文は印刷されていません。
4つのうち、写真を最も的確に描写しているものを選び解答用紙にマークします。


part2 会話問題 30問
2人の人物による会話が1度だけ放送される。印刷はされていません。会話を聞いて問題用紙
に印刷された設問(設問は放送される)と解答を読んで、4つの答えの中から最も適当なものを
選び解答用紙にマークする。 各会話には設問が3問ずつあります。


part3 応答問題 30問
1つの質問または文章とそれに対する3つの答えがそれぞれ1度だけ放送されます。印刷は
されてなく設問に対して最もふさわしい答えを選び解答用紙にマークをします。


part4 説明文問題 30問
アナウンスやナレーションのようなミニトークが1度だけ放送。印刷はされてなく各トークを
聞いて問題用紙に印刷された設問(設問は放送される)と解答を読み、4つの答えの中から
最も適当なものを選び解答用紙にマークします。各トークには質問が3問ずつある。





テスト構成(リーディング・75分間・100問)
part5 短文穴埋め問題 40問
不完全な文章を完成させるために、4つの答えの中から最も適当なものを選び
解答用紙に選んでマークします。


part6 長文穴埋め問題 12問
不完全な文章を完成させるために、4つの答えの中から最も適当なものを選び
解答用紙に選んでマークします。


part7 読解問題 48問(1つの文書:28問、2つの文書:20問)
いろいろな文書が印刷されていて、設問を読み、4つの答えの中から最も適当なものを
選んでマークします。各文書には設問が数問ずつある。

注目サイト

最終更新日:2018/12/3